top of page
他の記事
  • 執筆者の写真miya

新型コロナ禍での心理士としての取り組み


この6月から新型コロナウィルス病棟専従看護師さんへ心理カウンセリングをしてほしいとの依頼がありました。

かねてより何らかの形で支援できることはないだろうかという思いがあったので、微力ながら頑張りたいと思います。


スクールカウンセリングでも、新型コロナウィルスによって経済的に、身体健康的に、多大な影響を受けたご家庭のお話を聞かせていただくことも増えてきました。


感染症の拡大によって、たくさんの不幸や悲しみも広がっていることと思います。私には聞くことしかできませんが、一人で抱え続けるには辛すぎる時もあると思います。

もしよろしければお話くださいませ。

閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page